真竹の刈り取り

真竹の切り出し & 木灰で表面の油抜き。
ちょっと磨くだけでピカピカに。

日が暮れるのが早いのと、あまり良くない竹はバラして処分していたのであまり刈り取れなかったので来週以降にもう少し刈り取る予定。

image

灰は先週燃やした木の灰を利用。

image

竹割り鉈を購入

バイクで事故って、その後結婚やら育児で五年間放置だったブログをそろそろ再開しようと思いまして、最近購入した物の紹介。

青紙鋼の竹割り鉈を二本、共柄の18cmと普通の柄の21cm。

共柄の鉈には麻紐を巻いてみました。
週末は真竹の切り出しと油抜きするので、数週間後に実際に竹割りで使って見ます。

私はかなり手が大きいので、21cmの鉈が小さく見えます。

image

image

鉈は刀身短いし薄いしで紐巻くのが難しい。もっと太い紐にしとけばよかったと少し後悔。

春の山菜収穫

4月初旬に事故ってしばらく入院していたので、少しタイミングが遅いレポートです。

タラの芽とノビル、これをこの10年くらいの間に株分けしながら大量に増やしている。
タラの芽なんかは勝手に採(盗)っていく奴等に荒らされていたので、垣根に囲まれた中や、果樹畑のど真ん中に植えて増やして数えたら50本くらいになっています。

ノビルはそこら辺に生えてるのを掘りやすい雑木林周りの柔らかい土に移植。
スコップ使わずに軽く抜けるので収穫が楽。

このノビルの収穫の後、帰りに事故って2週間ほど入院していました。

入院1週間後、外出の許可が出たので婆さんちの山菜を収穫。
当日は釣り仲間が集まってくれて左腕の使えない私の代わりに動いてくれました。
本当は彼等は秩父のダムに山菜採りに行くはずだったのだが、季節外れの4月の雪に断念して、急遽うちの収穫を手伝ってくれる事に。

収穫したタラの芽、ノビル、それと畑の春菊、椎茸などを外でてんぷらにして食しました。

連休中はタラの木をさらに分散移植して、果樹畑をトゲ畑にしてやろうかと思います。

椎茸菌の植付け

2月中にやってしまおうと思っていた作業だったが、雨天だったりツーリングだったりで手を付けていなかった原木への椎茸菌の植付け。
天気も良かったし3連休の初日に行った。

大小合わせて40本強、ドリルで穴開けて、椎茸の菌駒打ち込んで、、、という作業を延々一人で4時間。
しゃがみ作業ってのは容易じゃない…

菌は関越乗ってるといつもおっさんの看板が挨拶してくれるドクターモリの椎茸菌。カインズホームで800駒。
穴にはめたら鉈の腹で打ちこみます。

打ち終わった表面はこんな感じ↓

これに水ぶっかけてブルーシート被せて、4月中旬まで仮伏せして菌をしっかり繁殖させます。

木イチゴ、ブルーベリーの新芽

今年もしっかりと芽が出てくれ、ブルーベリーは枝も随分伸びたので去年よりさらに多い収穫が期待できそう。

ラズベリー:インディアンサマー(左)、ブラックベリー(右)

ブルーベリー:ティフブルー(左)、:ホームベル(右)

畑に落ちていた猫

今日は寒く強風が吹き荒れていたが、雑木林に囲まれた畑は風もなく、ぽかぽかと暖かかった。

そろそろ椎茸の菌を植えるため、原木を家に運ぶ必要があるので軽トラで畑へ。

…?

…何か落ちている?

…動物?

続きを読む 畑に落ちていた猫

椎茸ほだ木作り

まだ1月の後だけど梅畑の中で早いものは既に花が咲き始めました。そろそろ花粉症の季節…

梅の花が咲きました

今日は暖かかったので、年末に切り倒したクヌギとコナラの木を椎茸のほだ木(原木)用に切り分ける。
親戚だけで食べるつもりだから今年は5本を伐採。
丸太を切り分けるのはチェーンソーで一気に出来るのだけども小枝の処理が毎回面倒でしかたない…

椎茸ほだ木

今回、カインズホームで見つけて衝動買いした鎌と鉈の中間みたいな鎌を実戦投入。

鎌

いつも使っている竹・雑木用の厚鎌と同じ厚さだけれども 柄が長く、鉈のように刃元がまっすぐ。
枝打ちし易いし、鉈のように鋭角に打ち込まなくても軽く枝が払えるすぐれもの、良い買い物をした。
切っ先に引っ掛けて、一気に引っ張れば水平方向に枝を切り落とせるのが気に入りました。 落ちている枝を拾う時も切っ先でひょいひょいと、、、

少し錆びたままほったらかしていた鎌と鉈を研がなけりゃ。

落ち葉

終わりに年末年始に作った枠に落ち葉を掻き集め。
満杯まで集めて来年以降の肥料用の腐葉土にする予定。

鬼くるみの収穫

11月の始めあたりに拾い集めた鬼くるみ、10Lバケツ2杯分くらい採れたものを外身の果肉を腐らせるために土に埋めて2か月が経過。

正月早々それらを掘り起こし、土と言うか腐葉土に近い状態で残っている果肉をバケツの中でガラガラと水洗い。
この後しばらく天日で干して、軽く炒って割り、菓子やパンの材料にする予定。

来年の準備

カインズホームにて畔を補強する仕切り板を購入し、林の落ち葉集めを腐葉土を作るための柵を作成。来年はカブトムシが卵を産んでくれれば同僚の息子さんに幼虫をあげようか…

その後、クヌギとコナラを数本切り倒して椎茸の菌を植える原木の用意。幹を切るのは楽だけれど小枝がかさ張り、それらの処理が面倒。